よくある質問- FAQ -

「そろそろリフォームしたいな」と思うけど、まず何をすればいいの?
まずは、お問い合わせください。その際に、「お名前・ご連絡先・ご住所・実際に工事する現場の住所・工事したい個所」をお伝えください。マンションの場合は、マンション名と号室もお伝えください。

工事したい箇所は、「キッチンが古いからそろそろ変えようかなと思うんだけど・・・」というようなご相談で結構です。 ご用意いただく物は特にございません。

専門のプランナーが、お客様のご希望・ご要望をじっくりヒアリングさせて頂き、現地調査の上で御見積書を提出させて頂きます。
「長期休暇中に工事を終わらせたい!」「新学期が始まるまでに引越しを終えていたい!」等のお考えの方は、その希望時期を事前にお伝えください。
リフォーム工事にかかる費用って、どのくらいなの?
リフォーム費用平均額は、リビングの内装変更:50~100万円、キッチン交換:100~150万円、浴室交換:50~150万円、トイレ交換:20~50万円と言われています。

平成24年度住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォーム実例調査」 によると、リフォームにかかる費用総額の平均は710.7万円。
なかでも1000万円以上が調査対象者全体の2割となっています。

内容次第で、予算より低く抑えられる場合もあれば、当初の予算を上回ってしまう場合もあります。

まずは、「お客様がどんなことにお困りなのか」「それを解消するにはどうするのが一番良いのか」を真摯に考え、ご予算と内容のバランスを考慮した最適なプランをご提案致します。
相談してみたいけど・・・どこまで無料で対応してもらえる範囲なの?
ご相談~訪問調査~プランニング~御見積りの提出 までが無料となっております。
詳しくは、「リフォームの流れ」にも掲載しておりますので、ご覧ください。
住みながらのリフォームって、できますか?
可能です。ただし、リフォーム工事個所・規模・内容によります。水周りの設備工事等では、湯・水・ガスを停止しなければならないので、大規模の場合は仮住まいをお願いすることもございます。

もちろん、お客様のご負担を考慮し、最短日数で調整を行い仮住まい機関を短くする工夫や、または水周り設備が使用できない期間を分散させ、不便だけどなんとか住みながら工事が出来るように配慮するなど、調整できる可能性があります。
実際にリフォームしたお部屋を見ることはできますか?
弊社は、グループ会社(株式会社パレスホーム)が売主として販売している物件のリフォームも行っております。

神奈川県内に常時数十件の販売中物件がございますので、弊社が手掛けたリフォームのモデルルームとして、お近くのお部屋をご覧いただくことが可能です。もちろん、空室ですのでお気軽にご覧いただけます。
いいなと思うイメージはあるけど・・・どうやって伝えればいいの?
言葉でイメージを伝えるのは、難しいかもしれませんね。そんなときは、リフォーム雑誌やメーカーのカタログなどからイメージに近いもの、好みに合ったものを選んでみてください。

その際、雑誌やカタログの切り抜きページ、レストランやインテリアショップなどで撮影した写真を見せると、より伝えやすいと思います。
ぴったり希望通りのイメージはなかなか見つからないかもしれませんので、その場合は、「壁紙はもっと明るい色合いで」とか、「もう少しコンパクトなものが希望」などとコメントをプラスして伝えます。

「うちの予算ではこんなプランは無理だろうな」などとあきらめたりせず、希望はすべて伝えましょう。
リフォームする側の立場から申し上げると、お客様の希望が細かくはっきりとしているほうがイメージは捉えやすいものです。
いざ工事!なにか準備することはある?
現在お住まいになっている自宅のリフォームの場合は、工事箇所付近の荷物をまとめ、別の部屋に移しておく方が良いでしょう。
これからお住まいになる自宅のリフォームの場合は、特に準備することはございません。

工事着工前に、弊社プランナーが近隣挨拶にまわります。マンションの場合は、管理組合へのリフォーム工事申請も弊社が代行いたしますのでご安心ください。
ローンを組むことはできるの?
可能です。リフォームの場合、一般的にはリフォームローンを利用します。銀行系、地銀・信用金庫系、ノンバンク系(クレジット会社等)など様々な金融機関からリフォームローン商品が提案されています。

大規模な工事になると費用も高額になってきます。まとまったお金が貯まるまで待つのも手ですが、その間ずっと不便な生活を強いられるのであれば、ローンを組むのも選択肢の一つだと思います。詳しくは、「ローンについて」をご覧ください。